つみ木

質の良い暮らし|大塚建設などの優良ハウスメーカーに依頼しよう

神社や仏閣の建設

住宅

大工の最高峰

宮大工は大工の中でも特殊な工法を使用する大工です。神社や仏閣など日本古来の建設物に使用されることの多くなっている木組みと呼ばれる工法を取得する必要があります。これは釘などを一切使用しない工法で、大工の中でも経験年数を必要とするものです。そのため経験を重ねるまでに通常の大工より時間を要することもあり、誰でもなれるわけではないのです。また神社や仏閣の建設オーダーは頻繁に行われるわけではないため経験を積む回数も少なくなっているのです。宮大工は大工の中でも一目置かれる存在になっているのです。宮大工の給料は普通の大工より格段に高くその地位は保証されています。しかし建設需要の少なさからなれる人の数は限られているのが現状です。

需要が少ない

宮大工を目指すのであれば、神社や仏閣の建設受注がある工務店に就職する事から始まります。もちろん普通の大工の修業を積むことが大前提となり、その後宮大工としての経験を積むことになりますが、需要が少ないため、いつでも経験を積むチャンスがあるわけではないのです。そのような需要がないと木組みなどを習得することは難しく、宮大工の敷居が高い理由はそこにあるのです。独立して宮大工を行う事も可能ですが、営業や受注作業が困難であるため、可能な限りどこかの工務店に所属することがベストです。もちろん一流の大工となり一目置かれる存在になれば、オファーがかかることもありますが、ほんの一握りです。そのため、宮大工になるためには、それなりの覚悟と決意が必要であると言えるでしょう。また、家を建てる予定のある方は一般的な工務店ではなく、宮大工に依頼するのもいいでしょう。宮大工によっては、寺社仏閣以外の民家を建てる業者も存在します。特に本格的な和風建築を行う際は、宮大工に依頼するのがベストと言えるでしょう。HPを運営している業者の多くは、料金体系が確立しているので、そこにお願いすると安心して任せることができます。